20歳代から60歳代の方まで、多くの老若男女が発症する腰痛といえば、椎間板ヘルニアではないでしょうか。
(※ちなみに椎間板ヘルニアは現代病とも呼ばれているように、10歳代から発症する症例もあります。)みなさんは、次のような痛み(激痛)を感じた経験がおありでしょうか。

・歩行困難になるほどの腰から下部全体の痛み(立ち上がることも困難になる)。
・咳やくしゃみをすると、腰から下部全体に激痛が走る。
・お尻の裏側~太腿の裏側にかけて、異様な痺れを感じる。
・椅子持たれかけようとすると、痛みが走る(背筋を伸ばすと、痛みは軽減する)。
・少し歩行するだけで、腰から下部にかけてジーンと痺れるような痛みを感じる。

実は上記に明記した症状こそ、初期の椎間板ヘルニアなのです。

この初期症状の時に病院や治療院に行けば、ほとんどの場合、椎間板ヘルニアは完治します。
(※あまりの痛さに、「もう歩くことができなくなるのではないか。」「一生、この痛みと付き合わなければいけないのか。」等々といった、悲観的感情がよぎるかもしれませんが。)

そして初期椎間板ヘルニアの場合、椎間板が飛び出してしまった(膨れる)状態のため、椎間板を元の状態に修復するのに、数ヵ月~半年程度掛けて完治に向かいます。
(※ただしどの程度を指して完治と言えるのかは、一人ひとりによって違います。)

しかし何故、これほどまで椎間板ヘルニアに対して「怖い」というイメージがあるのでしょうか。

実は椎間板ヘルニアを放置し続けた結果、椎間板が潰れてしまうこともあるのです。

そして一度潰れた椎間板を回復させるには、非常に困難…つまり一生、辛い痛みと向き合わなければならない可能性があるからです。

椎間板ヘルニアは、整体院で治療することができるの?」…整体がどのような治療方法で、どのような性質を持っているのか理解できれば、誰もが納得できると思います。

整体の特徴は、薬物療法などを用いて免疫力を回復させる(=西洋医学)治療方法ではありません。あくまでも人間本来が持っている自然治癒力を高め、症状を改善させる手法です(つまり「名は体を表す」ように、整体=「身体を整える」ことに着目を置く治療方法)。
椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間に位置する椎間板(軟骨)の髄核が脊髄神経を圧迫することで、激しい痛みを発症する症状です。そして私たちは気付かないうちに、日常生活で腰・背骨に相当な負担をかけています(「不自然な姿勢」…猫背・曲がってしまった姿勢)。つまり、背骨のバランスが悪くなることで、椎間板ヘルニアを発症したとも言えます。
では実際、整体はどのような治療行為を行っているのでしょうか。

もう10年以上も前になると思います。テレビに整体師が呼ばれ、芸能人の身体を使って「ボキボキ、バキバキ」骨を鳴らす(骨格矯正)場面が、よく取り上げられていました。もちろん、そのような治療方法ではありません。整体は、「不自然な姿勢」⇒「正常な姿勢」に矯正することを目的としています。もともと「不自然な姿勢」を取り続けてしまうと、どうしても正常な動きをしている筋肉を機能不全に陥らせてしまいす。整体は、まず「不自然な姿勢」によって起こった筋肉の異常疲労・筋肉の過度な緊張を開放するために、バランスを崩してしまった腰・背骨・骨盤などの歪みを矯正します。歪みを取り除くことができれば、身体本来の機能(働き)を取り戻すことができるわけです。そして整体は施術者自身の手技によって、それぞれの歪みを解消していくのです(レントゲンで撮影されない身体の不備も、手技によって見つけ出せます)。

また、整体治療は保存療法(薬物療法)・注射なども使いません。つまり、副作用といった恐れも気にする必要がないのです。腰・背骨・骨盤…じっくり歪みを矯正することで、椎間板ヘルニアの激しい痛みを確実に撃退します。
整体治療の特筆するべき点は、他にもあります。椎間板ヘルニアを治療⇒身体全体のバランスも解消しているため、他の症状(肩こり・頭痛・血行不良等々)も自然と治癒されているわけです。身体の歪みを取り除けば…必ず自然治癒力も高まります。これが、整体療法なのです。