オスグット病は、ある意味スポーツ障害の代表格とも言えるかもしれません。何故なら、スポーツ大好きな10~16歳ぐらいの子どもたちに発症する病気なのですから…
オスグット病を発症した子どもたちに言えること…それは一定期間、大好きなスポーツを完全休養することです。

例えば「ジャンプやダッシュした時、多少膝に痛みが走るけど何とか頑張れる!」「自分の100%全力を出すことは出来ないけど、少々膝に痛みはあるけど70~80%力を出せるから大丈夫!」…確かに子どもたちにとって最善の方法は、練習しながら治療をし治していく…それが、ベストであることは言うまでもありません。しかし、オスグット病はそういうわけにはいかないのです。膝に痛みを抱える症状であるため、その部位をかばいながら練習することで、結局、他の部位にも痛みを発症する恐れがあるからです(外観上だけでは、「どれぐらい痛みがあるのか」本人しかわからないこともネックになっています)。

仮に練習を続けながら痛みを抑える等々、一時的に痛みを和らげることができたとしても、完全に治すことは不可能なのです。ましてや痛みを抑えて練習をすることで、症状が長期化・益々悪化すれば…そうです!一番困るのは、子どもたち自身なのです。

そしてオスグット病が悪化することで、子どもたちの精神も微妙に変化していきます。
「私の治療は、一体いつまでかかるのだろう?」「いつになれば思い切り練習することができるのだろう?」…つまり、知らず知らずのうち精神的ストレスが溜まってくるのです。精神的ストレスが溜まっていけば…筋肉の緊張も高まり…結局、余計に治療を長引かせる結果を伴ってしまいます。そして最悪の場合…それは軟骨の剥離骨折です。絶対安静はもちろんのこと、長期間運動を中止しなければなりません。

中途半端な運動制限をするくらいなら、短期間完全休養…治療に専念すること!それがオスグット病という膝の痛みから解放され、練習に復帰できる一番の近道です。
ちなみに、オスグット病の治療法の一つとして大腿四頭筋のストレッチが有効です(ある程度、痛みが軽減されてから)。ストレッチを行うことで、膝はもとより身体全体の柔軟性を緩和していきます(接骨院・整骨院の治療等々)。

もう一度、言います。オスグット病の治療期間…早期に完全休養することが、オスグット病を短期間で治癒できるのです!

オスグット病は、10~16歳(最も成長する時期)に発症しやすい病状です。そして今までも述べてきましたが、早期発見・早期療養さえすれば完治する…決して、怖い病気ではありません。では、その早期発見のチェックポイントを確認したいと思います。

1.一番重要なこと…それは定期的に脛骨粗面(膝の皿の2~3cm下)を押さえて、
痛みの有無をチェックしてください。
2.朝起きた時、膝に痛みや違和感等々を感じるかどうかチェックしてください。
3.膝の屈伸運動を行った時、痛みを生じるかどうかチェックしてください。
4.以前と比較して、膝が盛り上がっているかどうか(膨れている)チェックしてください。

上記のチェックポイントで、1つでも該当する状態があれば接骨院・整骨院等々の治療院に行くことをお勧め致します(何故、整形外科ではなく接骨院・整骨院に行くの…?このチェックポイントは早期発見のための手段です。軽度のオスグット病であれば、(再発)予防を含めてストレッチといった治療方法が効果的だからです。)
またオスグット病は、スポーツをし過ぎる=オーバーユース症候群だけが原因とは限りません。普段の日常生活においても、なり得る病気なのです。
まず、普段の姿勢について考えてみましょう。例えば猫背といった姿勢になれば、背筋力が弱くなります。そうなると、背筋力をカバーするために手足に無駄な力=緊張が加わります。この状態が毎日・何年も続けば、オスグット病になってもおかしくありません(普段の悪い姿勢=オーバーユース症候群)。

また、基本的な身体の使い方が出来ていなければ、オスグット病になり得ます。その顕著な例…それは屈伸運動です。ストレッチと称して、屈伸運動をすることも多いと思います。間違った動作の屈伸運動をし続けると、太腿の筋肉が緊張状態になります。太腿の筋肉緊張が膝に伝わる…膝にも過度な緊張状態が続く…きちんとストレッチをしていると思っていても、結局それがオスグット病を発症させる兆候となるわけです。

そしてもう1つ、オスグット病の重要な要因…それは下半身を冷やさないことです。下半身を冷やすことは、そのまま膝の緊張状態を継続させるだけなのです。普段の姿勢…シャンと背筋を伸ばして歩く(姿勢の見直し)!ストレッチ…正しい方法を身につけることで、身体全体の緊張をほぐす(使い方の見直し)!下半身を冷やさない!…
しっかりチェックポイントを見極めたうえで、普段の日常生活にも心掛ける…そうすることで、オスグット病を未然に防ぐことができるのです。

最近の記事

  1. ブログを書くイメージ
  2. ブログを書くイメージ
  3. ブログを書くイメージ
  4. ブログを書くイメージ
  5. ブログを書くイメージ

カテゴリー

アーカイブ