受付

来院したら、まずカンセリング表に記入していただきます。
問診の様子
整体は様々な症状に効果がありますので思いつく事全て教えて下さい。

カウンセリング&整体前の説明

カウンセリング表を参考にしながら、さらに詳しく症状やお客様の状態をお聞きします。

女性の方は婦人科疾患など話しにくい点もあるかもしれませんが、体の為ですので些細なことでも詳しくお話しください。

整体の検査
整体・カイロにおいて最も重要になります。整体専門の検査として、頚部・腰部を中心に可動域の検査と、筋力のバランスをチェックします。

立位の検査
骨盤の左右の高さチェック
検査→施術→再検査(施術効果の確認)の順に進みます。

全体の 姿勢、バランス などを確認します。

背骨や骨盤のゆがみ、固着などをみます。

検査 (肩)

肩の可動性を検査します。

検査 (短下肢)
脚長差のチェック
足の左右差を検査します。

検査 (骨盤)

骨盤の可動性をみます。

後頭骨と、環椎(頚椎1番)の硬さをみます。

胸郭の中にある横隔膜が固くなると呼吸が浅くなり眠りにくくなります。眠りにくくなると疲れが取れず、寝ても疲れが取れないという悪循環に陥ってしまいます。

骨盤の歪みにより踵の位置に差が
ボキボキ矯正はしません。

お客様は触れられているだけのような感覚です。

検査 (大腰筋)
大腰筋の検査です。

大腰筋が固くなると腰痛
坐骨神経痛などの直接的原因になりやすくなります。

筋力反射検査
内臓ポンプ

反射の内臓をポンプします。歪んでいる背骨の原因の施術です。

SOTでは背骨がゆがんでいても背骨が原因でなければ矯正せず、背骨をゆがませている原因を探しその原因だけを矯正します。

内臓の矯正(必要に応じ)

下垂している内臓への施術です。

疲れがたまってくると内臓が下にさがって体全体の機能低下を起こします。

内臓を正常な位置に戻すことで内臓機能が正常に働きだします。

腰部施術
再度検査します。

可動性検査(施術効果の確認) 可動域検査
肩の可動性を検査します。

再度、バランスをチェックし施術効果の確認をします。

説明&アドバイス
今日悪かったところ、セルフケア等の説明や今後のアドバイスをします。
次回の予約とお会計となります。

最近の記事

  1. ブログを書くイメージ
  2. ブログを書くイメージ
  3. ブログを書くイメージ
  4. ブログを書くイメージ
  5. ブログを書くイメージ

カテゴリー

アーカイブ