対処療法とは、腰が痛いなら腰痛治療、肩が凝るなら肩こり治療、というように、患者さんが痛いと感じる局所に対して様々な手法で治してあげる方法です。

しかしこれからお伝えするのは、症状に応じて治療法を変えるというものではありません。

腰が痛い。頭が痛い、肩がこる、足が痛い・・・・
どんな患者様の症状でも、やることは一つです。

その秘密は上部頸椎のズレにありました。

脳からの神経伝達が正常に伝わらないと、患者さんのいう主訴である、慢性的腰痛、肩こり、頭痛、背中痛、自律神経の乱れ、不定愁訴など、体に様々な不調が起こります。

それをほっておくと重症患者さんの完成です。

治療しても改善しないからブロック注射を打つ、手術しか手立てがない、など整形外科をたらい回しにされている痛みで苦しむ膨大な数の患者さんがいますよね。

この脳の神経伝達を妨害しているのが、後頭骨と上部頸椎1番2番のズレです。

頭蓋骨を支える後頭骨、それに繋がる頸椎にズレが生じると、脳からの神経伝達が阻害されて、全身の機能が正常に働かなくなってしまうのです。 

この上部頸椎のズレを治すと身体全体の機能が正常に戻って、患者さんが訴える主訴が消えるだけでなく患者さんの身体が治癒力を取り戻していくことが出来るのです。

上部頸椎は、第一頸椎12通り、第二頚椎14通りの歪みがあります。
さらに、後頭骨へのジョイントの歪みを合わせるとなんと数十通りもの歪みの組み合わせがあるわけです。

上部頸椎カイロプラクティックは、これらをNCMという脊柱の温度を測定し
背骨の横の体表温度を測り毎回その数値を追っていくことによって背骨のズレと皮膚体表温度とを比較するパターンワークというものを出すという非常に膨大な作業があります。

その検査の結果をもとに、アジャストが必要な上部頸椎に対して、ただ1回1アジャスメントすることによりサブラクゼイション(ズレ)を調整して、体の様々な問題を解消するという方法です。

この検査結果を出すのに時間がかり、痛みを訴えてきた患者さんをその場で施術をしてあげられないという問題がありました。

患者さんの願いは一つ。今すぐ痛みを取ってほしい。それだけです。検査なんて関係ないんです。

肩こりや腰痛、慢性的な問題に加え、手術宣告されたり、ブロック注射で痛みを逃したりして、
病院に行っても良くならない患者さん。

整形外科でレントゲンをとっても異常がないのに本人はすごくつらいという患者さん。

みんな一日たりとも自分を苦しめる痛みから解放されたいのです。

人間の体は70%が水分ですよね。この水分が循環しないと肩こり、腰痛、むくみなど様々な症状が引き起ります。血液やリンパ等の体液は管を通ります。体がゆがむとこの管もねじ曲がり循環が悪くなります。ですから当院では体のゆがみを調整し、血液やリンパが通りやすくなる準備を行います。

体液の通り道を正さずにいくらマッサージしても効果的に体液が循環しませんよね。通り道がまっすぐになったこの段階でも 多くの方が症状の改善を感じています。

体がまっすぐになりリンパ等の体液が循環しやすい状態になったら筋肉のポンプ作用を最大に引き出すため、触れている程度の筋ポンプを行います。これは単に押したり揉むのではなく筋肉の奥深くのリンパや血液が流れるために有用です。

リンパマッサージやリンパドレナージュなどリンパ液を流す事は良い事だとお分かりかと思います。ただ、人間の水分はリンパ液だけでなく動脈血、静脈血、細胞液など様々な液体が存在します。そのすべてを循環させる事で疲労から来る様々な症状の改善が見込めます。当院の施術はリンパのみではなく全ての体液を循環させていきます。

最近の記事

  1. ブログを書くイメージ
  2. ブログを書くイメージ
  3. ブログを書くイメージ
  4. ブログを書くイメージ
  5. ブログを書くイメージ

カテゴリー

アーカイブ